« 高知展望① | トップページ | 高知展望③ »

2009年5月23日 (土)

高知展望②

5/4今日は石鎚山に行くパーティーと手箱山・筒上山・岩黒山方面に行くパーティーと二組に分かれました。私は手箱山の方のパーティーに参加しました。
宿舎をAM6:00に出発しました。(6:45分頃)名野川登山口から登り始めました。
A01_2

ゆっくり歩いてくれているようですが、ついて行くのに必死でした。前の方がところどころ花の写真や景色の写真を撮るために立ち止まってくれたので助かりました。朝から着ていた雨合羽を暑くなったので脱ぎました。一時雨はやみましたが、またいつ降ってくるか分からない空模様。土小屋合流点でこのまま下山した方が無難では!?と思ったのですが誰も下山する人はおりませんでした。
A02_2

覚心寺修験道の石垣が現れ手箱越に着きます。白い鳥居をくぐって手箱山に向かいます。お天気がよければ展望も期待できたのでしょうが、真っ白で周りの景色は何も見えませんでした。また、雨が降りはじめたので雨合羽を着ました。(10:00頃)手箱山頂上に着きました。雨が降っているのにそんなに寒くなかったのでよかったです。手箱山は山頂らしい容姿に欠けるが、高知県側からみると文箱をかざしたような端正な頂稜をもつと言われている通り平らな頂上でした。(1806、2m)
A03_2
A04_2

10:05分頃手箱山を後にして手箱越まで戻り修験道場の左奥から筒上山に向かいます。険しい鎖場が出て来ました。雨で岩が濡れてなければもう少し容易なんでしょうが、濡れている分滑り易く、足場の確保が難しかったです。無事に登り終えると安堵感が出て、スリルが楽しさに変わりました。手前のピークに大山ずみ神社があり、奥のピークに権現様が祭られています。筒上山には11:25分頃に着きました。(1859、3m)
A05_2

展望はというとガスで見えませんでした。お決まりの集合写真を撮って、次は岩黒山に向かいます。(11:35分頃)12:12分頃、鞍部で小休止をとり再び歩いて行くと、ツツジでは珍しい黄色い花を咲かせる「ヒカゲツツジ」がたくさんありました。物知りのKさんが教えてくれました。
13:25分頃、岩黒山頂上に着きました。天気はやや回復ぎみで、岩黒山頂上では展望が楽しめる事が出来ました。
A06

舗装道路の林道はやはり珍しかったです。立ち枯れの多い松の木もここではまだ生息しているようです。最後にショウジョウバカマが下山の祝福をしてくれました。14:25分頃土小屋に下山しました。

|

« 高知展望① | トップページ | 高知展望③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/45099987

この記事へのトラックバック一覧です: 高知展望②:

« 高知展望① | トップページ | 高知展望③ »