« 1/4 | トップページ | 〓パン »

2009年1月29日 (木)

1/25

今日は稲村ヶ岳に行きました。先週は風邪で山行を断念したので、今回その分を取り戻そうと頑張って雪山にチャレンジしました。目覚ましが鳴らなかったので寝坊してしまいました。予定より一時間程出遅れてスタートしました。

8:00過ぎ母公堂前登山口に辿り着きました。思ったより多くの登山者で駐車場はとめるスペースがない程です。無理矢理、端っこに車を突っ込んで、やっとの事で駐車しました。
さぁー出発です。うぅーやはり登りだしたら、暑いです。どうやら着すぎているみたいですヮ。もう後から来る人はいないだろうと狭い所で着替えていたのでちょっとじゃまだったかな。なんと!後から登って来られた二人組みに「○○さん」と声をかけられてしまいました。どなただろうと振り向いたら、いつもお世話になっている恩師でした。ヒィーぇー・・・。

勿論、道を先に譲りました。
ところどころで、お見かけしましたが、いつの間にか姿が見えなくなりました。(速すぎて追いつけない)当たり前か(゜-゜)後から分かった事ですが、途中からトレースが無くなったので、困っている方々がいた時に恩師になるIさんが先頭になってルートを切り開いてくれたらしいです。薄々はそうではないだろうかと気はついていたのですが。何カ所か危険なトラバースもありましたから、よっぽど知識や自信がないと前に進んで行けるとは思わないでしょうから、ほとんどの方々が断念して途中で諦めて山頂まではたどり着けない事だったと思います。
A01

陽ちゃんはのろのろなので、前の方々の苦労も知らずに、足跡を辿って、深すぎる雪に足をとられながら、それはそれで苦労しましたが。
A02
A03

山頂付近に近づくと、折り返し下って来る方々に出会いました。陽ちゃんがあまりにも遅いので心配だったと言われました。苦労して山頂に着くとみんな下山された後だったので、貸切でした。天気も好かったので、山頂なのに風もなくポカポカでした。お決まりのカップ麺を食べて、山頂からの風景をカメラに収めました。
A04

やはり山頂まで登らなければ見られない景色にうっとりです。近隣の山々の頂が並んで見える風景です。青空も演出して、とてもラッキーな山日よりです。確か天気予報では「大雪注意報」が出ていたようですが?「運がいい」♪
もっとゆっくりしたいと思っていましたが、14:00には下山しないと暗くなったら危ないので、気持ちのいい展望台から降りて下山する事にしました。雪が深いので、ワカンを装着して下山しました。
A05

途中でアイゼンに履き替えて下山しました。夕暮れになりましたがなんとか明るい内に下山できて良かったです。
下山するのにも時間がかかります。こんなにも長い道のりだったからのぼるのにも時間がかかって当たり前だと思いました。帰りは、洞川温泉に浸かってポカポカになりました。

|

« 1/4 | トップページ | 〓パン »

コメント


陽ちゃんとIさんはよほどご縁があるようですね。
それにしてもIさんのパワーはスゴい。
前回陽ちゃんがお休みした子女郎峠の山行でも
全員おとなしく踏み跡を辿っているのに
Iさん一人道なき道を直登して
雪まみれになるのが楽しくて仕方がないようでした。
小柄な体のどこにあんなエネルギーが
あるんでしょう。
私たちもIさんの後に続いて急斜面を滑り降りたりして
楽しい山行でしたよ。


投稿: Tです | 2009年2月 3日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/43894485

この記事へのトラックバック一覧です: 1/25:

« 1/4 | トップページ | 〓パン »