« 剱沢雪渓~仙人新道 | トップページ | 仙人温泉を後にして »

2008年12月31日 (水)

池の平小屋

翌朝、早朝4:30頃朝食をいただきました。ご主人の配慮で早くしてくれる事になりました。苦労してここまで来たのだからゆっくり散策しなければ勿体無いと、今日は池の平を散策する予定をたてました。
ご来光の時間になると小屋の外ではカメラを抱えて沢山の人だかりが出来ています。モルゲンロートのシャッターチャンスをみんな狙っているようです。モンローの唇がやけに艶ぽい。天気もいいし、美しい絶景にうっとりです。
A08
来るのは非常に大変な場所だけど、何度も訪れたい隠れ家的な場所です。ほとんどの方は池の平のお山に登る事なく下山して行きました。陽ちゃんは山頂目指して歩きました。思ったより傾斜がきつくてなかなか前に進みませんでした。しかし、小屋のご主人がきれいに整備してくれていると感心しながら登りました。下から見ると山頂はすぐ目の前に思ったが!!!辿り着くとまだまだ山頂は先のようでした。もうすぐかな?もうすぐかな?と行けども、まだ山頂ではありません。またもや騙されたみたいです。やっとの事で山頂に辿り着くと小屋でご一緒し
た3人組みの年輩者が先に登頂されていました。大きな岩がありました。その岩の頂に登り「はいポーズ」記念に一枚パシャ。
A09

池の平の標識の前で写真を撮ってもらいました。お礼に撮ってあげたりもして楽しみました。
バックには剱岳がとても映えます。裏剣も素敵です。
A10
モンローの唇も近くで笑っています。

そろそろ下山です。まるでアルプスの少女ハイジの世界のような草原の景色が広がっています。チングルマの紅葉です。ここも素敵です。
A11

下山するとお腹が空いたので、小屋特性の「点の記ラーメン」を食べました。映画のタイトルのようです。
A14
小屋のご主人曰わく「二三日前はプロの写真家」が宿泊されてあたとの事です。プロの写真家の方々もこの地を気に入っているのも頷けます。

メインのお池巡りをしました。池の水面に裏剱が写るように写真を撮りました。
A12

今日は阿曾原まで行きたいと思っていたのですが、のんびりし過ぎたので、仙人温泉小屋までしか無理だという。ちょうど仙人温泉小屋のスタッフの方が小屋締めの挨拶に来ていたようだったので、予約をしました。
仙人温泉には、とてもいいお風呂があるとの事です。スタッフの方々は何故か「長靴」山小屋のスタッフは長靴スタイルが多いですね!
気さくなご主人にお礼を言って、出発しました。近くに仙人池ヒュッテがありました。立ち寄る事にしました。仙人池ヒュッテの前にあるお池の方が池の平の御池よりも逆さ剱がよく映っているのに気付きました。ものすごく高価そうなカメラが三脚とともに置かれてありました。こちらの方が有名のようでした。仙人池には「サンショウウオ」の稚魚が泳いでいました。自然がまだ残っているからこれからも、残していきたいと思いました。
A13

三ツ矢サイダーを買いました。飲みほすと、出発です。ヒュッテから先は激下りです。滑りやすい沢筋を下りました。危険な箇所を乗り越えながら本日のお宿の「仙人温泉小屋」に着きました。小屋に着くとスタッフの方が女風呂を案内してくれました。先着の女性の方がお風呂に入ると疲れなんか吹っ飛ぶよと言ってくれました。先に入られたみたいです。お風呂場に行くとお山では使用できない石鹸がおいてあり、驚きました。女風呂なのに囲いがなくて、周りの景色がよく見えて、とても気に入りました。
A15
白馬山荘が見えました。長風呂になりました。貸切状態だったのでなおさらです。
食事が済むと、寝ました。ここのトイレは水洗だった!!

|

« 剱沢雪渓~仙人新道 | トップページ | 仙人温泉を後にして »

コメント

陽ちゃんこんばんわ。
今年も後わずか。
除夜の鐘が鳴っています。

今頃は北アルプスのテントの中かな?
気をつけて帰ってきてね。

来年もよい年でありますように。


投稿: Tです | 2008年12月31日 (水) 23時59分

北アルプスだなんて!!恐れ多いです。w
南の方ですが・・・。
年末はまったり、のんびりとぬくぬく温泉三昧でしたw。
主人の会社でお得な宿泊券をいただいたので
お休みは全部、外出していました。(大掃除が・・・汗)もんです。

投稿: Tさんへ 陽ちゃんより | 2009年1月 5日 (月) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/43580959

この記事へのトラックバック一覧です: 池の平小屋:

« 剱沢雪渓~仙人新道 | トップページ | 仙人温泉を後にして »