« 9/13〜の三連休⑤ | トップページ | 北穂高岳 »

2008年12月12日 (金)

9/13〜の三連休⑥

小屋のご主人に挨拶もしないでこの場をあとにするのは心残りでしたが・・・。出発にもたもたしていると、私の存在に気付いてくれたみたいで、ご主人自ら挨拶に来て下さいました。これから、どんな危険が待ち受けているのかも知らないままただ連れて来られただけの陽ちゃんでした。難所の大キレットです!小屋主のSさんに「落ちないように」と言われました。
A09

ますます不安になりました。南岳を下るあたりから急な激下りです。
A10
少し歩くと長いはしごがかかっています。気を抜かないでおりました。やれやれ┓( ̄∇ ̄;)┏です。降りた所で休憩しました。まだまだ先は長そうです。これから先はどんな道なんだろう?と思いました。
途中、相方がズボンの下にぱっちを履いているのに気づき、脱ぐ事になりました。
 歩行の遅い陽ちゃんは先を急ぐ事にしました。その間3人組の見知らぬ男性方にエスコトを受けながら前に進みました。きっと一人で来ていると勘違いされたのかもしれませんね。(笑)
危なかしかったと思います。道に迷いそうになったりしたので、親切にしてくれました。写真も撮ってくれました。
 自分が思っている以上に難しいコースが次々に出てきます。気をぬく所がありませんでした。
 パッチを脱ぎ終えた相棒と合流し、仲良し3人組にお返しに写真を撮ってあげました。
平坦で見晴らしのいい所で行動食をとり、休憩をしました。
もう、これからこれ以上の難所はないかと思ったが、これからが本番だと言う!!!!!「ひえー」
A11

「おっとろしやー」皆ようやるわーの世界です。
一番の難所と言われる壁に出合ました。なかなか苦心されている様子で列が出来て混み始めました。反対側から来られた男性が降りる時に転びました。落ちたらひとたまりもない場所で、大事にいたらなくて良かったですがそんな光景を目の当たりにしたものですから、恐怖がましてしまいました。下を見ないようにして、とにかくクリアしました。
A12

道はさらに続いています。一難さってさらに一難・・・。という感じです。
鎖場もありなかなかの難所です。落ちないようにハーネスを付けてガイドさんと同行の方々もお見受けしました。それぐらいしてもいい位の険しくて厳しい道のりでした。
北穂高山荘に辿りついた時は本当に良くやったなぁーと歓心しました。
ほっとしたので「カレー」を食べました。今晩の宿はここの天場です。トイレがやたら遠いのがネックでしたが、見晴らしのいい北穂高岳に乾杯。
A13

|

« 9/13〜の三連休⑤ | トップページ | 北穂高岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/43393691

この記事へのトラックバック一覧です: 9/13〜の三連休⑥:

« 9/13〜の三連休⑤ | トップページ | 北穂高岳 »