« 弥山・八経ガ岳 | トップページ | ぱぱっと簡単おもてなし »

2008年6月27日 (金)

実山クライミング

6/15(日)
朝8:10 阪急梅田 中央改札口前に集合。
陽ちゃんは余裕を持って家を出ました。30分前に着きました。まだ早いから誰も居てないのだろうと安易な気持ちでみんなを待っていたのですが、8時を回っても誰とも会わない、さすがに不安になってきました。本日のリーダーNさんの携帯へ連絡したら、やっぱり場所が違うみたいだった。慌てて、みんなの居てる所へ行ってみると、やっぱり最後だった。(ショック)気を取り戻して、宝塚行きの電車に乗り込み、宝塚まで行きました。
駅に着くと、最後のトイレを済ませ、タクシーに乗り合わせました。4人づつ乗り込みました。
「蓬莱峡」まで。
蓬莱峡に着くと、誰が置いたのか、どこかの国の森にあるような石像があって、ちょっとエキゾチックでした。
岩場に着くと、他にもたくさんの教室の方たちが練習に来ていました。
訓練するにはちょうどいいくらいの岩場でした。最初は「へつり」の稽古をしました。結構簡単そうに見えたけど、足の置き場を確保するのは難しく、端からはしまで制覇する事は困難でした。次に、ザイルをたらしている所まで行き、登りの練習を数回やりました。
次に前を向いて下る練習をしました。クライミングシューズを借りました。やっぱり専門の靴はたいしたものでした。
そうこうしていると、お昼になったので、シートに腰を降ろして、ゆったりと昼食を食べました。 お昼を食べ終わると、再び岩場へと行きました。次は懸垂下降の練習です。しっかりハーネスにバケツをつけて、ザイルを通し、下ります。要領が全く分からず、なかなか下れませんでした。しかも、安全の為にもう一本ザイルを通していたから良かったものの、なければ、3回は死んでたと言われました。
Horaikyo

「どうやって下りるか分からないまま」なんとかかんとか下へ降りた。次は、高さ30Mはあろうかと思われる屏風岩をザイルをつけて登りました。岩をつかんでは、足場を確保しながら登りました。半分位のぼった所で次に体を移動させる箇所が分からない。どうしようと思いました。「これは私には向いてない」とさえ思いました。怖かったです。しかし、どうにかこうにか最後まで登りきらないといけなかったので、頑張りました。

|

« 弥山・八経ガ岳 | トップページ | ぱぱっと簡単おもてなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/41658289

この記事へのトラックバック一覧です: 実山クライミング:

« 弥山・八経ガ岳 | トップページ | ぱぱっと簡単おもてなし »