« 4/26佐渡島in⑤ | トップページ | お山の学校 »

2008年5月11日 (日)

4/27佐渡島山巡り①

さあ、今日から山歩きです。宿の方にバス停まで送迎してもらいました。そこからバスかと思いきや、タクシーに乗せていただきました。私たちだけの乗車だったからです。石花登山口はけっこう小高い所にあって細い道だったし、ガタガタ道の所もあったのにも関わらず、親切に送っていただきました(バスの料金で)。

いきなりニリンソウの群落が迎えてくれました。現在地を地図確認しながら歩きました。
Sado006
意外や意外!こんなにも素晴らしい所にもかかわらず、貸切状態です。綺麗なお花にうっとりしながら、進みました。少し歩けば「フォト」したくなる感じで、なかなか前には進めないって感じです。お池には大きな鳥がいたようですが、陽ちゃんが近づくとバタバタと羽ばたいて飛んで行きました。残念でした。地の花もあるようで、越後キジムシロの花もありました。珍しいのでついついまた、フォトしたくなるって感じ。
A3

追分を過ぎると物凄い、綺麗なお花の乱舞がありました。
A1

ここで、一休みする事にしました。カタクリの花はもちろん
A2

今回のメインでもある「雪割り草」の可憐な事。色もいろいろあってとても綺麗です。
A4
A5
いろいろなお花が群落になってこんな綺麗な所は初めてという位感動しました。
下を覗くと「ザゼンソウ」が顔を出しています。
A6
すばらしいコラボです。民宿で作っていただいたお弁当を食べる事にしました。「大きなおおきな、おにぎりが2つ入っていました。」これで、¥350というから驚きです。(普通山小屋で用意してくれたら、結構高いので)平地の民宿なので、普通なのかもしれませんが、山の感覚でいくとどうやら金銭感覚がまひしてしまいそうです。山ではなんでも割高なので。(当たり前か)
 
こんな悠長な時間をすごしている場合ではないようである。午後から天気が崩れるという予報。早めに本日の目的地である「ドンデン山荘」へ辿りつかないと。そうこうしている内に、ぽつりぽつりと降ってきました。カレー川の水辺でカッパを着込みました。やっぱり予報どうり。ガスまでかかってきて、貸切の山道は何やら怪しい。幻想的とでも言うのか、もやがかかって、なんか出てきても不思議ではない雰囲気をかもし出します。(いつも思う事。)
A7

やはり、山には魔物が住んでいるとも言える現象かなとも思う。急に天気が変わり、いっきに様相がガラリって感じです。とにかく前に進むしかないので、怖い気持ちを忘れて前に進み続けました。
ようやく、アオネバコース(有名なコース)の分岐に辿りつきました。ここまで来るとあと2Kmの距離です。車道に出て、ゆっくり登りました。その頃にはすっかり天気も回復して、晴れ間がでてきました。
陽ちゃんはテン泊なので、お外で寝ます。テントを設営しようとするが、ものすごい強風。天泊にはどうみても不向きな様だ。それでも、大きな石を拾ってきてなんとか設営しました。
ドンデン山荘の方はとても親切で、トイレも小屋の中の快適な(水洗)トイレを貸していただけました。そして、なんといいましても、山の上にも関わらず、「お風呂」までもあるとの事。入湯料¥500で石鹸もシャンプーも使えました。一般的な所と変わりません。ものすごい快適な所で驚きました。
夜中、風と雨が強まってきて、怖かったですが、小屋が近くなので安心でした。
やはり、よほどの事がない限りはビバークとかしない方が安心ですね。
小屋が近いだけで、とても心強く感じました。

|

« 4/26佐渡島in⑤ | トップページ | お山の学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/41173202

この記事へのトラックバック一覧です: 4/27佐渡島山巡り①:

« 4/26佐渡島in⑤ | トップページ | お山の学校 »