« お花見メニュー | トップページ | 弥山② »

2008年3月19日 (水)

弥山

3/8〜9日にかけて、登りました。冬の大峰山脈ではいちばん高くて、長い道程を歩かなくては辿り着けないところです。思った以上に雪が深くて、ワかんを装着しないと登れませんでした。
Misen01

夏道とは違い随分時間がかかります。陽ちゃんの前に先客がいるらしい。足跡が二人分あるのが分かります。
しばらく登って行くと後から単独の登山者がアイゼンを装着して陽ちゃんを追い越して行きました。日帰りの予定だと聞きました。
Misen02

そして、どんどん登っていくと頂仙(ちょうせん)岳の手前で、先客の二人連れの男性が道が分からないから、引き返すと言う!
それを見た陽ちゃんは不安になりました。
でも、狼平まで行きたい。陽ちゃんは納得がいくまで、夏道を進む事にした。でも、いまいちよく分からない。
仕方がないので頂仙岳を直登しようとしたら、雪が積もりすぎてとても登れません。
Misen03

|

« お花見メニュー | トップページ | 弥山② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/40561341

この記事へのトラックバック一覧です: 弥山:

« お花見メニュー | トップページ | 弥山② »