« 行仙岳 | トップページ | 全身焚き火 »

2007年6月24日 (日)

持経ノ宿小屋

平治の小屋にはユニークなおじさんがおりました。実は、前鬼の裏行場へ行った事のある人に出会えて、陽ちゃんも行きたい所だったので、興味をそそられました。お昼の13:00という時間なので、みんな平治の小屋で泊まる事なく先を急いでおりました。
陽ちゃんも明日の事を考えると、少しでも前に進んでおいた方がいいと思ったので、待経まで行く事に決めました。
S_oku06

長い長い奥駈け道にチャレンジする方がたくさんありました。なんだか嬉しく思いました。
持経の小屋に着くと、きさくなおじさんが出迎えてくれました。どうやら登山道の整備や小屋の管理をしてくれている「やまびこ会」の方でした。山では貴重な水の確保や掃除をしてくれました。
S_oku07

夕方近くになると、沢山、持経の小屋に人がやって来て、寝る場所がなくなると思っていました。しかし、元気な若者はまだ先を急ぐ様子で、ここでは 泊まらず先に行き、思ったより少ない宿泊客で、安心したのも束の間。!どうやら、焚き火好きの宿泊客が焚き火をし始め、小屋の中は煙が充満しています。息苦しくて、窓を開けたのですが、一晩中、焚き火をされて、陽ちゃんは「人間スモーク」状態になり、翌朝燻し出された感じの出発でした。

|

« 行仙岳 | トップページ | 全身焚き火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/15539321

この記事へのトラックバック一覧です: 持経ノ宿小屋:

« 行仙岳 | トップページ | 全身焚き火 »