« 天狗岳 | トップページ | 鎌ヶ岳 »

2007年4月21日 (土)

霊仙山

 今回は滋賀県の霊仙山というお山にやって来ました(3/10)。今回で2度目のチャレンジです。相変わらず石灰岩のドロドロとした土質で登山者泣かせの性質をもつ山です。この山も大変有名で、大勢の登山者で賑わいました。というのもここは「福寿草」といういかにも縁起のよさそげな花の名前をした、黄色の可憐な花の群落に出会えるからです。
Ryozen3

 花好きにはたまらない、時の風物詩であります。長く険しい道を経て、やっとの思いで「福寿草」に出会えた時の喜びは、登る苦しさを忘れさせてくれます。この為にここまで来ましたってね!たくさんの「福寿草」が出迎えてくれました。あっちにもこっちにも、どこを撮っても絵になります。素敵な「福寿草」の写真がたくさん撮れました。
とても可憐でしょう。
Ryozen1
Ryozen2

  「福寿草」を見た年はなんだか幸せな年になりそうです。毎年見に訪れたいものですね。長生きもできそうですね。

 長い稜線を歩いているとお腹が空いたので、岩場に腰を降ろして昼食を取りました。お決まりのカップラーメンとパンを食しました。外で食べるとまた一味違いました。
Ryozen4
 
 再び歩きはじめると、看板がありました、どうやらこの山は行者さんが切り開いた様子です。Ryozen5
どおりで険しいはずですね!美しい自然の景色に囲まれて、気持ちのいいおいしい空気をいただきながら、下山しました。何度訪れても、馴染めない土質と格闘しながらの下山です。ほとんどの方々が滑りこけて衣服やザック等がドロドロになっていました。そんな無様な格好になりつつも、また来ようと思わせられるのは「福寿草」や山の魅力に違いありません。1度目よりも2度目の方が汚れが少なく感じれたので、また行きたい山の1つです。

|

« 天狗岳 | トップページ | 鎌ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155726/14800049

この記事へのトラックバック一覧です: 霊仙山:

« 天狗岳 | トップページ | 鎌ヶ岳 »