« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

4/28

 徹夜して、岐阜県はあかんだなバスターミナルに早朝5:30に到着しました。軽く朝食をとり、6:20発の上高地行きの濃飛バスに乗り込みました。今にも雨が降りそうな天気です。合羽をすでに装着している登山者の姿が目立ちます。陽ちゃんも着ようかな?と思ったのですが、歩いていると蒸れるので降り出したら着よう と出発時は着用しませんでした。
 さあ〜涸沢に向けて出発!明神に着くやいなやパラパラパラっと来ました。どうやら本降りかな?っと慌ててトイレに駆け込み合羽に着替えて外に出てみると、本降りとさえ思わせるような雨が止んでいました。合羽を着れば雨が止むのはいつものパターンだなと思って、降られるよりかはましかなと気を取り戻して、そのまま歩き始めました。徳沢に着くとベンチに腰を下ろし、休息をとりました。そして、横尾に向けて再び歩き始めました。すると普段履きなれていない靴のせいか足が痛くて歩くのがやっとって感じになりました。涸沢までは無理そうです。
 横尾に着くと、いつものラーメンをいただきました。そうしていると、強い雨が降ってきました。そうしていると、気温が低いので雪に変わりました。外は大荒れです。雷までなっているので、無理してまで涸沢まで登るのはやめようと、テン泊の準備はしていますが、外は大荒れなので、とても、テントを張りたいとは思いませんので、横尾山荘で泊まる事にしました。思いがけない出費ではありましまが、個室に近いベッドの部屋でプライバシーが守られ、快適に過ごす事ができました。
A

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

鎌ヶ岳

 エイプリルフールの日は、鈴鹿の鎌ヶ岳に向かいました。
 駐車場に着くとすでに数台の車がありました。登山口は何箇所かあって、私たちが登るコ-スには人の姿はありませんでした。いきなり始めから険しいなと感じる山道でした。沢コースです。Kama1
いろいろ変化に富んでいて飽きる事のない道でした。なんといってもあまり人がいないので、すがすがしかったです。Kama2Kama3Kama4

 稜線に出ると別のコースからの合流地点でたくさんの方々の登山する姿が見えました。さっきとは違って、山頂には人がたくさんいて、お弁当を食べる場所を確保するのが難しい位でした。

 前日は雷を伴うひどい雷雨で、怖い一夜を過ごしたにもかかわらず、そんな事がなかったかのような人だかりです。昨日たくさん降ったから今日は大丈夫だと思ったのですがパラパラと小雨が降り、あわててカッパを装着しました。しかし大事にはいたらず、すぐにカッパが不必要になりました。良かったです。山で本格的に降られる程嫌なものはありませんからね。

 無事に下山する事が出来て良かったです。
Kama5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊仙山

 今回は滋賀県の霊仙山というお山にやって来ました(3/10)。今回で2度目のチャレンジです。相変わらず石灰岩のドロドロとした土質で登山者泣かせの性質をもつ山です。この山も大変有名で、大勢の登山者で賑わいました。というのもここは「福寿草」といういかにも縁起のよさそげな花の名前をした、黄色の可憐な花の群落に出会えるからです。
Ryozen3

 花好きにはたまらない、時の風物詩であります。長く険しい道を経て、やっとの思いで「福寿草」に出会えた時の喜びは、登る苦しさを忘れさせてくれます。この為にここまで来ましたってね!たくさんの「福寿草」が出迎えてくれました。あっちにもこっちにも、どこを撮っても絵になります。素敵な「福寿草」の写真がたくさん撮れました。
とても可憐でしょう。
Ryozen1
Ryozen2

  「福寿草」を見た年はなんだか幸せな年になりそうです。毎年見に訪れたいものですね。長生きもできそうですね。

 長い稜線を歩いているとお腹が空いたので、岩場に腰を降ろして昼食を取りました。お決まりのカップラーメンとパンを食しました。外で食べるとまた一味違いました。
Ryozen4
 
 再び歩きはじめると、看板がありました、どうやらこの山は行者さんが切り開いた様子です。Ryozen5
どおりで険しいはずですね!美しい自然の景色に囲まれて、気持ちのいいおいしい空気をいただきながら、下山しました。何度訪れても、馴染めない土質と格闘しながらの下山です。ほとんどの方々が滑りこけて衣服やザック等がドロドロになっていました。そんな無様な格好になりつつも、また来ようと思わせられるのは「福寿草」や山の魅力に違いありません。1度目よりも2度目の方が汚れが少なく感じれたので、また行きたい山の1つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗岳

 2/24~25陽ちゃんは八ヶ岳は天狗岳登頂目指して、初めてガイド付きの団体に参加させていただきました。団体行動は苦手で、いつも単独での登山でしたが今回はもっとレベルアップをはかろうと、ガイドによる講習を受けようと思いました。初心者向けとはいえ、他の参加する方々は私よりも遥かに熟練者で、中には「つわもの」と言われる程の方も参加者の中におりましたので、陽ちゃんは足を引っ張るのではないか皆についていけるのか心配でなりませんでした。アイゼンを装着するのも思うようにスムーズにできず、不安とあせりがよけいにもたもたさせる要因になったのでしょう。いつもならこんなはずじゃ・・・・。
Tengu1

 歩き始めると思ったよりもゆっくりめの歩調で、もう少し速くてもいい感じなのにと、誰でもついて行けるスピードで歩いてくれたので、安心しました。雪山とはいえ、歩き始めるとやはり暑いものですね!寒いのが苦手な陽ちゃんは厚着の為、のぼせそうになり、ガイドの方に心配をかけてしまいました。「暑くないですか?」と何度も尋ねられる始末。うーんまだまだ初心者じゃのう~。

 何度か休憩をとりながら、思った以上に簡単に小屋まで辿りつきました。
Tengu2
人気があるはずです。こんなにも簡単に山小屋まで来る事ができるので、大勢の登山客で山小屋はごったがえしでした。荷物を置いてさあー訓練です。今回のメインの練習が始まりました。山小屋の前にはちょうど練習場にふさわしい急な斜面がありました。
Tengu3

 今までは、ただ持っていただけのお飾りのようなピッケルの本当の使い方についての講習です。万が一滑落した時のために、滑り止めの練習です。ピッケルの扱いに慣れていなければただの凶器にしかなりません。
この講習で得たものは大きく、万が一の時に役立つに違いありません。
 役に立つ時が来ない事を祈りますが、これで少しは雪山にも慣れたかな?
 ガイドの方々はやはり、山男で山の事に関しては大変知識が豊富ですし、参加者一人一人に細やかな気配り、目配りができていて、みんな満足していました。

 講習を終えると、夕方でした。少しすると夕日を眺める事ができました。この日は天気に恵まれてましたので、綺麗な夕日を堪能できました。山で見る、太陽は感動しますね!!
槍や穂高連峰も眺める事ができ、幸せな気分に浸れました。真っ赤に燃える夕日をごらんください!!
Teengu4
Tengu5

 そうして、夜もふけて行き、夜遅くまで、みんなと、持ちよりのお酒や珍味等を囲んで山の思い出話に花が咲き、本当に忘れられない楽しい夜を過ごしました。
2日目 朝日を見に出遅れた私は残念ながら、日の出を見る事はできませんでしたが、綺麗な朝日に包まれてまたもや幸せな気分にひたる事が出来ました。
Tengu6

 朝ご飯を終えて、今日は天狗岳山頂へ向かいます。昨日覚えたてのピッケルを持参して。尾根に出るとさすがに寒くて凍えました。完全装備で臨まないと寒さで耐えれないくらいです。Tengu7
みんなでならんで行くから、あっという間に山頂に辿り着く事が出来ました。山頂では、ガスがかかって見渡しはよくなかったです。残念でした。しかし、ここまで登れた事が嬉しかったです。

 小屋に着くとガイドさん薦めのカレーウドンをいただきました。身も心も温まる感じがしました。おいっしかったです。山小屋なのに手作り!?って感じで驚きました。そして、ガイドさんによります、ドリップ式のコーヒーを飲んでさらに温まりました。
 下山したら即解散というのは寂しいので、温泉にみんなで行く事にしました。これで本当に身も温まりました。見ず知らずの方たちと山を通してこんなにも短い間で親睦を深める事が出来、よき人生の1ページとしていつまでも心に残る事でしょう。また何かの機会に会える事を期待しています。
Tengu8

 今回の体験で、団体行動の苦手な陽ちゃんでも、団体行動もまんざらでもないなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桧塚奥峰その2

(2/11の続きです。すっかり更新するのが遅くなってしまいました)
景色はさき程の所より見渡しが悪く、樹林の中をしばらく歩きました。山頂付近になると広い高原のような感じで、おそおその出だしだったので樹氷はもう諦めていたのですが、AM11:00を過ぎているのにもかかわらず、樹氷が残ってくれていました。とても感激しました。
Hinoki2
私の前に登頂されていた登山客にも、こんなに遅くまで樹氷が残っている事は珍しいと言われました。私たちが来るのを待ってくれていたかのようです。とても綺麗でしたし、嬉しかったです。
Hinoki3
Hinoki4

桧塚奥峰の山頂で記念撮影をしました。明神岳も眺める事ができました。明神の方から、縦走して来る登山客も数名おりました。和田アキコさんがコマーシャルしている煮込みラーメンをお昼ご飯にいただきました。とてもおいしかったです。
すばらしい景色を後に、大変心残りでしたが、もと来た道を下山することにしました。
とても、楽しい1日でした。
奈良県では高見山が樹氷で有名ですが、桧塚奥峰の樹氷もなかなかいいものですよ。
やっぱり、お山はいいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »