« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月18日 (水)

10/9

パノラマ新道は涸沢からは見えない槍ヶ岳が見えるのでとても魅力のあるコースです。
Karasawa14_honntaniminamidake

また反対斜面にでると蝶や常念・・・しかもこの日は富士山まで見渡せました。みんな大変感激していました。「すごい」
Karasawa7

パノラマという呼び名もうなずけますが、結構、片足だけのスペースで壁を這って行く道や岩場があったり、登ったり下ったりというさまざまな道が出迎えてくれるので、誰かが「アドベンチャーコース」と命名していました。
Karasawa10

徳沢への道のりは二度目なので、以前に比べてスムーズに下れました。そこからが長いのが登山者泣かせなのだぁー。徳沢まで2時間、さらに上高地まで2時間ふうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

10/9

昨日の天気がウソのように今日は朝からいい天気で、朝日を浴びた穂高を見ようと朝から大勢のカメラマンがたくさん居ます。しばらくすると雪化粧の山々が赤く染まって来ました。朝焼けです!
Karasawa3

紅葉とマッチして、まるで絵はがきのようです。
Karasawa4
Karasawa5
Karasawa8

しばらくして、テントをたたみ、お決まりの周回コースをたどり、ヒュッテでカレーを食べて、パノラマ新道を下りました。道が凍っているので怖かったのですが慎重に行きました。始めは新道から帰る事は反対でした。危ないと思ったからです。
Karasawa6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

10/8

AM6:30沢渡岩見平からバスに乗って上高地まで行きました。ここから出るのは二年ぶりかな?
AM7:00上高地着。
ここから平坦で長い道のりが続きます。登山客は早足でかけて行きます。まるで自分がのろいかと錯覚に陥りそうですわ〜。(決して速いとは言えませんが)

横尾まで約3時間の道のりでした。今日は生憎の雨でカッパを手放す事はできませんでしたが、雨でも良いことはあるものです。途中晴れ間があって美しい虹の風景を垣間見る事が出来て良かったです。
(梓川に掛かる鮮やかな虹の上に方に、もうひとつの虹がうっすらとかかっています)

Karasawa1

横尾で女性トイレの行列が!!並ぶのやめようかなとも思いましたが、ここで行かなければ後は小屋までないのです。(ヒエー)一時間は並んでないとダメかなと思わされる程なかなか順番が来ませんでした。急いでいる人はどうなるんだろうかと心配になりました。AM11:00から横尾の食堂が開くのでそれまで待機していました。お腹が空いたので、カレーでもと思ったのですが「ラーメン」のみの販売でした。相席になった夫婦の方は横尾止まりでからさわまでは行かないみたいでした。登ったら景色はまた違ってきますよとお勧めしたのですが奥さんが足に自信がないので、来年挑戦すると言われていました。せっかくここまで来たのにもったいないなと思いましたが、・・・。

私も登ってみたらしんどかったので無理しない方がいいのではとも思いました。一番最初、登山なんてやった事がないのに、Gパンとシャツと運動靴のラフな普段着で登った時はとてもしんどかったです。下山した時には脚が棒のようになり、バス停近くまで来た時には肉離れをおこしました。それから比べると随分成長したもんだと思います。今日もあまり休憩をとらずに登れました。自分でも偉いと思います。肝心の紅葉の方はいい感じに色づいています。季節はずれの雪がまた例年にない演出で珍しい紅葉の風景です。

しかし、寒いわ〜。陽ちゃんはテン泊です。風邪ひかなければいいんだけれど。

Karasawa2

明日天気にしておくれ!願い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »