« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月17日 (木)

8/16

ジュースを飲み終え折立に向けて出発しました。有峰湖が美しく見えました。しばらく行くと山道に入りもくもくと下りました。折立に着いた時は無事に下りれて良かったと思いました。また、ジュースを買って飲みました。
ここから車で国民宿舎白樺という所でお風呂に入り、ご飯を食べて、家路に向かいました。とても充実した休日でたくさん歩いたし、お天気にも恵まれていましてまるで夢のような日々でした。 また、行きたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/16

朝食をすますと、午前6:00過ぎ、折立に向けて出発しました。
沢で休憩をとっていますと、なにやら岩の陰から「いわな」が顔を出してきました。流れに逆らって泳いでいました。まるで静止している様に見えます。水面に顔をのりだしていわなを観察していたのですが、なかなか逃げる様子もなく気持ち良さそうに泳いでいました。おいしそうだにゃ〜なんちゃって。太郎平小屋ではなにやらユニークな登山客が竹笛を持ち出して『ケーナ』音楽を独奏していました。あまり上手くないけれど、パフォーマンス姿にアッパレでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/15

一度は行ってみたかった秘湯。しかもこの機会を逃すと今度はいつ行けるか分からないので、もっともっとゆっくりしていたかったのですが、今日中には薬師沢まで下りていなければ明日、帰宅出来ないので、高天ヶ原温泉に後ろ髪をひかれながら、お風呂で疲れと汗を落として、気持ちがよくなったもののまたもや歩き出しました。風呂上がりはあまり動きたくないもので次回は是非とも泊まりでのんびりときたいものです。
高天ヶ原分岐まで戻ると、とても危険だという「大東新道」を経て、薬師沢まで歩き出しました。いくつかの危険な道のりを乗り越えて、長い長い道を歩きました。この日は薬師沢小屋泊りです。
Kumo10
Kumo11
Kumo12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/15

雲の平の森を抜けたら高天ヶ原分岐に着きました。またここまで戻る為荷物を分岐に下ろし、ザックカバーをかけて、お風呂の用意とサンダルを片手に持ち、高天ヶ原温泉に向かいました。いくつもの沢があったので、すくっては飲んじゃ行きました。キレイな水をただで飲めるなんて、なんて有りがたくて贅沢な事なのだろうと思いながら、キレイな景色にうっとりしながら歩きました。所変われば、また違った花が咲いています。高天ヶ原は湿原でとてもキレイなお花畑が広がっていました。名前の通りの所です。小屋でジュースを買って温泉に行きました。
Kumo8
Kumo9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/15

午前3:00起床、お外は月明かりでやや明るめ。星がとてもキレイでした。まだ起きていない隣人たちには気持ちだけ悪いなと思いつつも、早朝そうそう出発の為の準備に騒がしてしまいながらも、朝食をとり、テントをたたみ、午前4:50出発しました。今日は数日ぶりのお風呂に是非入ろうと高天ヶ原に向かって出発しました。奥スイス庭園から薬師岳が近く見えました。薬師のどーんとそびえたつ重量感というのか存在感にも負けないように、陽ちゃんもなりたいな。
Kumo7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/14

祖父岳から岩苔乗越→ワリモ岳→鷲羽岳→三俣山荘→日本庭園→雲の平と周回しました。帰ってくると、もうくたくたで、またもや、テントの中でお昼寝をしました。それからしばらくして、お空を見上げると、面白い形をした雲がありました。いろいろな形に見えては、形が変わって行きました。普段まじまじと雲を見る機会がなかったので、のんびりとした時間をゆっくりと過ごせました。鷲羽岳からの三俣山荘にかけての下りはゴロゴロ石が行く手を遮りとても足場が悪く、鷲羽は足場悪いなどと言いながら下りたものです。
Kumo4
Kumo5
Kumo6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

8/14

今日は、朝早くから散策の準備をして、せっかくの雲の平の醍醐味をふんだんに味わおうと、午前5:00張り切って出発。テント場の上にそびえたつ祖父岳に向かって歩きだしました。火山石がゴロゴロで歩きにくい山道を乗り越えると、大パノラマが待ち受けてくれていました。どっしりと立っている薬師岳、水晶岳、黒部五郎岳、笠ケ岳、三俣蓮華岳そしてなんといってもどこから見ても形に特徴のある槍が岳!槍をバックに記念撮影をする登山者で賑わっていました。しかし、少し時間がたつと逆光になるので、早く山頂に着いた人の特権でもありますね。
Kumo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/13

今日は雲の平にやってまいりました。太郎兵衛平からはるばるやってきました。太郎から見た雲の平は、いくつもの山を越えて行かなければならなく、気が遠くなりそうでした。案の定、薬師沢小屋の徒渉をぬけるとこれでもかという位の胸突き八丁の急登が待ち受けていました。やっとの事で乗り越えてみると、山並みの見え方が違って見えたり、黒部五郎や水晶、じい、ばぁ、鷲羽や槍などなどの一度は訪れたい山々が一望できました。
とても疲れて早々とテントで昼寝する陽ちゃんであった。雲の平山荘ではラーメンとカレーとケーキセットを食べました。
Kumo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆はお山三昧であ〜る

今日は富山県は折立から登り始めました。お昼頃、天気予報通りの雷雨が待ち構えていました。頭の上で雷がなるものですから大変危険で怖かったです。「落ちてこない事」を祈りながら、太郎平小屋まで辿りつきました。小屋は人で賑わっており、なかなか入れなかったです。土砂降りの雨と雷に恐れて今日は小屋で泊まる事にしました。しばらくすると晴れ間が見えさっきまでの雨がウソのように晴れました。小屋に荷物を置いて周辺を散策しましたら、テン場にはいくつものテントが張られていました。「早まったかな」と思いましたが、今日は小屋泊まりにしました。まあ、ずぶ濡れになった装備を乾かすことができたのでよかったかな。
Kumo1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ご来光を見

ご来光を見た後、テントを撤収し、白馬岳の山頂に向かいました。少し歩けば可憐な植物が顔を出すのでその度に写真を撮りたくなりました。そんな調子ですから時間がいくらあっても足りません。下山していたら日が暮れそうです。思った以上にたくさんの花が咲いていたので、何処を撮っても絵になりますからきりがありません。
白馬→小蓮華→白馬大池→白馬乗鞍→栂池まで縦走しました。今日も大変ハードでした。栂池からタクシーに乗って猿倉まで(駐車場)行きました。そして温泉でゆっくりとくつろいだ後、家路に向かいました。

Hakubaohanabatake3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/6

今日も天気は晴れLucky運がいい。昨日の天気にはやや劣るけれど、今日もカッパを着る事はないだろう。昨日、夕日を見ていたらお山に30年通っているけど今日のような天気は10年に一度位の確率とか!凄いラッキーな事なんだろうなぁーと思いました。テン場近くの丸山から真正面に剱が堂々とかっこよく見えました。今朝、お決まりのご来光をまた同じ丸山で見ました。今回も夕日と朝日の両方を見ました。とっても満足です。

Hakubasunset
Hakubasunrise

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/5

今日は念願の『白馬岳』にやって来ました。大雪渓を登り小雪渓をも経て綺麗なお花畑にみとれながら山小屋までやって参りました。今日も人・人・人で賑わっていますね。噂には聞いた事はありますが、やっぱり、次からつぎえと訪れる人の足は絶えない。雪渓を振り返るとまるで「蟻の行列」みたいにゾロゾロです。山の景色は最高で天気もよく高山植物も豊富で景観はみごとに美しいです。しかし、テン泊なので陽ちゃんの荷物は重く大変疲れてしまいました。テントの中煮えるように熱いが横たわってしばらく動けない。

Hakubadaisekkei
Hakubaohanabatake1
Hakubadake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »